私達と共に活動を行って
 『架け橋』となって頂けるお方




お電話でのお問合せは、
こどもエコクラブ
「もちはしジュニア応援隊事務局」
TEL/FAX (052)433-2550
mail:kakehashi@bigbridge.or.jp
担当:大橋眞由美迄

〒460-0012
名古屋市中区千代田三丁目22-8
           丸協ビル202号

   

一般社団法人 BIG BRIDGEは、地域社会における様々な人との出会い、言葉や文化の違いに触れること、
ボランティア活動などに取り組むこと、地域における質の高い日本文化にふれる機会、自然を感じ、
環境に対する理解を深める機会など、体験活動を通して子どもの豊かな人間性や社会性を育むことを目的に
「子ども自立支援」の活動をしています。
また、環境省のこどもエコクラブに登録活動している「もちはしジュニア応援隊」は、
「生き物たちが住める“山 川 海”を守ろう!」のコンセプトにて、地球環境に優しい
“ひとりからできるエコ活動”として“もちはし”の活動推進を行っています。


中日新聞 2010.6.8掲載 NHK取材風景

平成22年度は、前世紀(20世紀)と今世紀(21世紀)「白いじゅーたん!?」無農薬農法の田んぼ体験&観察会を行い2010年10月あいち・なごやで開催されCOP10生物多様性の会場となりました「モリコロパーク、熱田会場」の2つの会場にて小・中学生の子どもたちが 観察から学んだ「生物多様性」を 発表しました。
「NHKホットイブニング」の桜木瑶子さんに、田植えから発表までを 取材して頂きました。




10月10日(土)
「愛・地球博記念公園 ~地球生き物EXPO in モリコロパーク」

  お米つくりの「種まきから収穫祭」と「野生生物の観察会」など5月から10月にかけて6回にわたり開催された「親子田んぼ体験会&COP10開催記念自然観察会」の発表を平成22年10月10日に愛・地球博記念公園にて行いました。



10月17日(日)
「COP10 白鳥地区 熱田神宮公園・名古屋市ブース内での展示発表・
名古屋型友禅実演・ワークショップ・餅つき体験」

お米つくりの「種まきから収穫祭」と「野生生物の観察会」など5月から10月にかけて8回にわたり開催された「親子田んぼ体験会&COP10開催記念自然観察会」の展示発表等を平成22年10月17日に熱田神宮公園・名古屋市ブース内で行いました。

  

子どもたちの展示発表だけでなく、育ててきた田んぼで収穫された古代米を使った餅つき体験や名古屋型友禅 伝統工芸士 赤塚順一先生による名古屋型友禅の実演、名古屋型友禅で行う田んぼに生息する生き物“カエル・トンボ・蝶”などのコースター・はし袋つくりのワークショップも行いました。

11月13日
ウィルあいちフェスタ2010
主催:財団法人あいち
           男女共同参画財団
 

日本民族衣装である「きもの」を 多くの皆様に着て頂きたいと思い、経済産業省を含む関係8省庁が推進している3R(リデュース・リユース・リサイクル)の「Reuse(リユース)再び使う」をベースにして、「きもの」の一人でからきる簡単なお手入れ法(シミ抜き、袖直し等)からリフォームの講習会をデザイナー月安京子先生の指導のもと実演を通じて分かりやすく行いました。



copyright(C)2011 BIG BRIDGE  all right reserved.